学校になじめなくても通信制高校に

学校を不登校になる理由は様々

最近、学校になじめず不登校になる学生が増えてきています。学校になじめない理由はいろいろあります。たとえば、いじめが引き金になることもありますし、それ以外にも勉強への過度の不安、友達関係のもつれ、恋愛関係のもつれなど多岐にわたります。
そうした原因に立ち向かうことも必要ですが、がんばろうと考えれば考えるほど追い詰められてしまうこともあり、それによってより一層学校や社会を嫌いになる可能性もあります。無理しすぎると良いことはありません。 

学校に通う必要がない通信制高校の魅力は、自分のペースで勉強でき、無理して自分を見失うことのなく前へ進むことができること

学校社会になじめず苦しんでいる子どもには通信制高校が適している場合があります。通信制高校は学校に通う必要がないため、人間関係から一定の距離を置き、心を落ち着けることができます。それでいて毎日自分のペースで勉強することができるため、大学受験を視野に入れて準備することも可能です。
勉強していてわからないところが出てきたら、学校の先生とメールでやりとりして疑問を解消することができます。年に数回ある登校日に学校に行って、徐々に社会とのつながりを回復する練習をすることもできます。 
自分のペースで勉強したり人間関係を結んだりすることができるのが通信制高校の魅力です。無理して自分を見失うことなく前に進むことができます。

通信制は大体が私立学校になるので、公立学校に比べて学費が高額になる

高校を中退してしまうとその後の人生において不利になることも少なくありません。通信制を利用して高校を卒業しておけばその後の人生の可能性が広がります。マイペースで進みたい子どもには適した制度だといえます。ただし、公立の通信制はほとんどなく、大体が私立学校になるので、公立学校に比べて学費が高額になります。
奨学金制度もあるので賢くそうした制度を利用しながら、将来の可能性を広げていくことが大切です。