通信制高校の学費はどのようになっているか

私立の通信制高校は、公立高校に比べて学費が高めになっている

通信制高校には公立と私立があり、公立高校のほうが学費は安いです。具体的には、入学金に500円程度、授業料が年間10000円から30000円程度であることが多いですが、授業料は人単位当たり何円と定められているとこともあります。
私立高校は、公立高校に比べて学費が高めになっています。まず、入学金に30000円から50000円程度、1年間授業料は、150000円程度から200000円程度と、学校によって差があります。そのほか、私立高校も公立高校もかかる費用が年間30000円程度あります。

サポート校でレポート指導や認定試験対策、スクーリング指導を受けるなどすると、年間数十万円の授業料がかかるところも

もちろん私立の通信制高校は芸能を学べるところであったり音楽を学べるところなど、特色のある学校もあります。一般的に私立高校のほうがスクーリングの授業日程の融通が利きやすかったり、課題をインターネットで提出することができるなど先進的な取り組みがされていますので、私立高校のほうが卒業率は高くなっているという結果があります。
私立高校は学校によってかかる金額に差があります。このように、全日制高校と比べると学費にかかるお金は全体的に安いものの、独学で通信制高校を卒業することがむつかしい人は、サポート校に通うことになります。サポートでは、授業や課題のレポートに対する指導や認定試験対策、スクーリング指導などを行っており、そちらは施設や授業の内容にもよりますが、年間数十万円の授業料がかかるところがあります。

私立高校と公立高校には、カリキュラムや受けられる授業内容、行っている取り組みなどに対して差がありますので、自分の学びたいことをしっかりと考えたうえで、自分の目的や勉強しやすさ、校風など自分に合った高校を選ぶことが必要です。